あとで使えるピル

drug

妊娠を望んでいなかったのに性交中にコンドームが破れてしまった、パートナーに断れず避妊具なしで性交を行ってしまったなどの理由で避妊に失敗してしまった場合でも、アフターピルを24時間以内に服用すれば約95%の確率で避妊が可能になります。一応は72時間以内であれば効果がありますが、可能な限り早く服用すればそれだけ大きな効果を発揮します。そんなアフターピルは産婦人科で処方してもらうことも可能です。しかしアフターピルは基本的に保険適応外なので、一回で約15000円かかるなど高額なことも多く、しかもアフターピルは一度ではなく複数回にわたって服用し続ける必要があるのでかなりの費用がかかってしまいます。また、処方の記録も残ります。

現在は通販や個人輸入代行業者を利用することによって、安価でアフターピルを入手することもできるようになっています。かつては海外の製品を入手したいと思った場合に利用者本人が海外へ赴くか、海外へ行く友人などに購入を頼むという方法しかありませんでした。しかし製品を手に入れてもマニュアルや必要事項の記入に関しては英語などの外国語で行う必要があったので、理解が難しいなどの問題がありました。個人輸入代行はそういった煩わしい部分を代行してくれます。インターネットが普及した現在においては、インターネットで注文を受け付ける業者も多いので便利な存在となっています。情報の機密を守る業者を利用すれば安心して避妊できるので、ありがたいサービスです。